1. TOP
  2. 種子(哺乳類)

種子(哺乳類)

●ヒエ、アワ、キビ、カナリーシード、オートムギ、 エン麦、小麦、大麦、大豆、麻の実、ヒマワリの種、 ナタネ、エゴマなどの小鳥・鳩用の混合餌や屋外で収集できるクルミやドングリなどを与えることもできます。

●種子を食べるハムスター、マウス、ラット、シマリスなどにとって、種子を頬袋に入れたり巣内に貯蔵 するという行動は、本能を満たす役目もあります。
●エサのメニューに変化をもたせるために、様々な種子を与えることが理想かもしれません。
●種子は栄養のバランスが悪いものが多く、脂肪の多いヒマワリの種子、ナタネ、エゴマなどの嗜好性の高い種子にのみ興味をそそられて、偏食になる場合があるので注意してください。

●ミックスフードと呼ばれているペレットや種子が混ざったエサでは、嗜好性が高いものから食べてしまう欠点があります。ペレットを中心に与えている場合は、種子は副食程度にとどめるべきでしょう。

●リスではクルミ やドングリなどの硬い種子の殻を剥く行為は、前歯の伸び過ぎを予防し、ストレスを減らす役目があります。