1. TOP
  2. 【ハムスターを2歳以上長生きさせる飼育】

【ハムスターを2歳以上長生きさせる飼育】

ハムスター頬袋

●ハムスターを長生きさせるポイントは環境整備、ストレス対策、栄養管理であり、ずばり以下の4つです!

①潜れる環境を作る

②ケージを齧らせない

③エサを巣に貯えさせる

④よいエサを与える

●色々なサイトにハムスターの飼育の記事が多く書かれていますが、ここでは細かいことを省略し、フォーカスを上記①~④に絞って専門獣医師が解説をします。その他の情報は以下を参照してください。

ハムスターの生態や特徴を知りたい人はコチラ!

ハムスターの種類を知りたい人はコチラ!

マニアックにハムスターの飼い方、エサ、ケアの情報を知りたい人はコチラ!

ハムスターの病気情報を知りたい人はコチラ!

①潜れる環境を作る

●ハムスターは実験動物として、実験動物用ケージと実験動物飼料という質素なスタイルで飼育されてきました。その延長で、ペットでも同じような環境が薦められてきました。しかし、1990年代のアニメの影響で、まるで玩具のような扱いを受けて、本来の生物学的な特徴を考慮した飼育環境の情報が消えてしまいました。
実験用ハムスターケージ
●ハムスターは地中生活を営んでおり、寸胴な体で、尾も短く、まるでモグラのような体型をしています。地下に深い巣を掘って、巣穴の中で生活をしていますので、極端なことをいえば、それと同じ環境を作ってあげればよいのです。

潜ると安心します

●2階建てのようなケージは理想的ではありません。ハムスターは登ることが不得意で、特に金網ケージだと、足を引っかけて骨折する恐れがあります。Drツルの病院にくる骨折の患者さんの多くが、金網ケージの飼育が原因です。

ハムスター2階建てケージ  ハムスターの金網登り

高さはいらない

●ハムスターにとって理想のケージは、壁に登れないものがよいです。極端な高さのあるケージでなく、いわゆる平屋のケージが理想です。そして、野生と同じように地下巣を掘ってもらうために、床敷を厚く引くか、あるいは小屋を用意してあげましょう。隠れる場所を用意することでハムスターは安心します。
ハムスターケージ  ハムスター

ハムスターケージ  ハムスター小屋

潜る小屋やトンネル大好き

●床敷を掘っても、体を隠す程度の巣穴くらいです。小屋を用意すると、そこに潜るだけです。深い巣穴を掘るハムスターにおいては運動不足が指摘されていますので、トンネルや回し車などを与えて、運動量を増やす対策も練ってください。トンネルに潜ったり、回し車を回すことは、ハムスターのストレスを減らす効果もあります〔Kevin et al.1998〕。
 

↑↑↑これ、すごくない?くるくる回って、潜って、齧って、ストレス解消(^^♪

②ケージを齧らせない

●ハムスターはげっ歯目(齧歯目)に分類され、上顎と下顎の前歯は発達して大きく、常生歯といって生涯にわたってが伸び続けます。常生歯は物をかじることで歯が削れて、長さを調節します。げっ歯目の学名Rodentiaはラテン語の齧るという意味のrodereからきています。ペットのハムスターにも、前歯を使って齧る物を与えなければいけません。
●齧る物として、齧り木としての、かまぼこの板や小枝が薦められていますが、硬いトウモロコシや松ぼっくり(商品として販売されています)などを好む場合もあります。性格にあったものを選んであげて下さい。
  ハムスター齧り用松ぼっくり

●最も注意したいのは金属でできた金網ケージです。金網を齧る癖がつくと、前歯が折れるような事故(切歯破折)があります。齧ることは習性なのでやめさせることはできません。
ハムスターケージ噛み  

金網は齧らせてはいけません

↑↑↑これ、よくない?齧ってもよいし、回してもよいし(^^♪

③エサを巣に貯えさせる

●口の中に左右に頬袋を持っています。エサをみつけると、頬袋に貯め込んでおく習性があり、それを巣穴に蓄えることを貯蔵行動といいます。貯蔵行動はハムスターの習性なために、せっせと巣穴に運んでいますが、全てのエサを食べるわけではありません。時々蓄えたエサを確認して、腐っているようであれば取り除いてあげてください。
ハムスター頬袋  ハムスター頬袋
●ハムスターは、巣穴にエサを蓄えることで安心します。蓄えたエサの量が多ければ多いほど安心し、少なければ、貯蔵行動に励みます。エサを蓄えないと、不安になりますが、すべてのハムスターがそうなるわけではありません。

ハムスター頬袋

④よいエサを与える

●ハムスターはエサが健康に大きく影響する動物です。基本的にハムスター用ペレットを中心に、種子野菜などを与えます。ペレットのみの給餌でも栄養学的には問題はありませが、ハムスターに食べる喜びを与えるために、他の食材もバランスよく組み合わせて与えてください。
●ペレットは粗タンパクが16%以上で、糖質が配合されていないものを選びましょう。
ハムスターエサ      

●ハムスター用ペレットを中心に食べさせることが難しいです。ずはり、ペレットを食べない時の対策は、ペレットのメーカーを変える、あるいは種子や野菜を食べてペレットを残した時は、半日くらいは食べるまで観察してください(長期の絶食は辞めてください)。多くは幼体の時からペレット多く与え、果物などの甘いものや脂肪の多いヒマワリの種子のおいしい味を覚えさえないようにすることです。
ハムスターエサ

主食がペレットは当たり前!

●ヒマワリの種子は、粗脂が多いので、嗜好性が高いです。しかし、たくさん与えると肥満だけでなく、高脂血症や動脈硬化が起こる可能性が分かっており〔Hayes et al.1993〕、短命になります。あえて与えなくてもよいです。
ハムスターヒマワリの種

ヒマワリの種子与えます?

ハムスター肥満 ハムスター肥満

長生きを目指すには、ぜひハムドック(健康診断)を受けましょう!

健康診断を希望であれば、エキゾチックペットクリニックまで、ご予約をおとりください。

 

参考文献

■Hayes KC,Pronczuk A,Liang JS.Differences in the plasma transport and tissue concentrations of tocopherols and tocotrienols:Observations in humans and hamsters.Proc.Soc.Exp.Biol.Med202.353-359.1993
■Kevin RA,Terri RC,Michael R.Use of Corn-Husk Nesting Material to Reduce Aggression in Caged Mice.Contemporary Topics in Laboratory Animal Science 37(4).p64-66.1998