1. TOP
  2. 搬入個体(爬虫類・両生類)

搬入個体(爬虫類・両生類)

●爬虫類・両棲類は、繁殖した個体あるいは野性で捕獲して導入された個体が販売ならびに飼育されています。
●繁殖個体は、Captive Breed(CB)と呼ばれ、野生で捕獲された個体はWild CatchまたはWild Caught(WC)と呼ばれています。
●WCは野生下で育っていたために寄生虫の感染しているケースが多いです。WCは導入直後に拒食がみられ、環境に馴化することが容易ではなく、環境不適応症候群により衰弱することもあります。もちろんWCでは正確な年齢は不明です。ペットとして新しく迎え入れるにはCBの方が望ましいかもしれません。
●CBの販売個体はFHやADという表記もされており、FH(Farm hatch)は現地のファーム(繁殖場)で産卵、孵化した個体、AD(Adult)は成熟個体を指します。