1. TOP
  2. 【15歳以上のフトアゴヒゲトカゲを増やす方法】

【15歳以上のフトアゴヒゲトカゲを増やす方法】

15歳以上のフトアゴみたくないですか?

●フトアゴヒゲトカゲの寿命は6~10年といわれていますが、海外のサイトや文献をみると以下のように10年以上長生きすると書かれています。
・10~15年〔http://raisingbeardeddragons.com/health-behavior/life-span/〕
・12年〔Reusch.Bearded dragon with periodontal disease: exotic practice challenge.Veterinary Times39.22-23.2009〕〕
・10~12年〔Green, Darren. Keeping Bearded Dragons Pogona Species. Australian Reptile Keeper, 2009.〕
●最新のギネス記録をみてみると、最高長寿はイギリスのSebastianちゃんで、18歳237日(1997~2016年)という記録が載っています。

最高長寿は約19歳のセバスチャン!

●Dr.ツルの病院で、フトアゴヒゲトカゲの病気で死ぬ原因として、紫外線とカルシウム不足による代謝性骨疾患(骨が曲がったり、成長不良がみられます)が多いです。この病気はどのサイトに書かれている爬虫類用紫外線ライトを設置し、エサとなる昆虫にカルシウムを添加することで予防できます。フトアゴヒゲトカゲの飼い主であればすでに知っていることだと思います。
フトアゴヒゲトカゲ代謝性骨疾患
●次にみられるのは、腎不全や痛風脱皮不全便秘などがあげられます。フトアゴヒゲトカゲは積極的に水を飲まない動物です。まずは水を飲ませることでしょう(腎不全や痛風の予防になります)。そして温浴をする(水分もとるし、脱皮不全の予防になります)、成長とともに雑食性になるので、野菜も与えましょう(ビタミンの補給と便秘を予防します)。
●腎不全や痛風はゆっくりと進行する病気なので、少しずつ食欲が低下し、気づいた時には手遅れになっていることが多いです。関節痛風になると手足が腫れてしまいます。
フトアゴヒゲトカゲ痛風


●他にも外傷口内炎ダニ消化管内寄生虫(コクシジウムや蟯虫)などがみられますが、早めの対応で治療が可能です。
●日本では長生きできないのか?今の飼育方が間違っているのか?真実は分からないですが、以下の3つが日本での飼育者の間では、しっかりと伝わっていないような感じがします。

水を飲ませる

②温浴

③野菜を与える

④グラブパイ・ベジバーガーを与える

つまり水分と野菜がポイントですね

●色々なサイトにフトアゴヒゲトカゲの飼育の記事が多く書かれていますが、ここでは細かいことを省略し、フォーカスを上記①~④に絞って専門獣医師が解説をします。その他の情報は以下を参照してください。

フトアゴヒゲトカゲの生態、品種、特徴を知りたい人はコチラ!

マニアックにフトアゴヒゲトカゲの飼い方、エサ、ケアの情報を知りたい人はコチラ!

フトアゴヒゲトカゲの病気情報を知りたい人はコチラ!

①水を飲ませる

●水を飲ませることは、腎不全や痛風の予防になり、また脱皮不全や便秘も防げます
●フトアゴヒゲトカゲは動きのない水には気がつかないようです。そのために、飲水用の水容器は浅めの物を用意してあげたほうがよいです。

フトアゴヒゲトカゲの水容器

フトアゴヒゲトカゲ脱皮不全

●動いている水、つまり流れている水ならば、下記のウォーターフォールなどの使用もよいかもしれません。水を循環させて水面を動かし続けることだできるので、フトアゴヒゲトカゲにも分かりやすい水飲み場になるでしょう。

なぜ水の認識が乏しいのか?

●口の中にスポイトを使って水を飲ませるのも一方法です。決まった量はありませんが、毎日あるいは2~3日ごとに少量飲ませてください。軟便や下痢になったり、ストレスがかかるようであれば、与える量を少なくしたり、無理はしないでください。
●水を飲ませる訓練は、最終は水を入れたスポイトをで口元に水滴を垂らします。垂らした水が口を開けた時に入っていきます。次にタイミングを見計らって口を開けた時に、スポイトの水を垂らして飲ませていきます。スポイトで水を飲ませることに馴れるフトアゴヒゲトカゲもいます。

意外と馴れるスポイト水やり

●生き餌であるワームにも水分は十分ありますし、野菜をしっかり食べる場合は、水を飲ませることをは不要かもしれません。
●霧吹きはケージ内の湿度を上げますが、必ずしも水分をとるとは限りません。

②温浴

●温浴は賛否両論でていますが、フトアゴヒゲトカゲではストレスになななければ、積極的に毎日行ってもよいと思います。その時口をあけて水分をとってくれれば、水分摂取の適した方法だと思います。温浴中に口を開けて水を飲んでいるか確認してくださいね。

フトアゴヒゲトカゲ温浴
●温浴は鱗がふやけるので脱皮がしやすくなり、脱皮不全が予防できますので、一石二鳥です。

温浴は習慣にしましょう!

③野菜を与える

●野菜を食べることで水分摂取になります。繊維質も豊富なので便秘の予防にもなります。
●理由は分からないですが、よく食べる野菜として、コマツナ、水菜、サラダ菜、豆苗、インゲン、オクラ、食用菊、カボチャ、人参などかあげられます。
●コマツナ、水菜、サラダ菜、インゲン、オクラは食べやすい大きさにカットして与えます。豆苗は葉が小さいので、幼体でもそのまま食べれます。食用菊もそのまま与えてください。
●インゲンは他の野菜に比べて水気が多いので、水分補給に適しています。
●フトアゴヒゲトカゲは黄色に反応する個体が多く、食用菊やカボチャに反応するかもしれません。

黄色大好きフトアゴヒゲトカゲ!

●カボチャや人参は生のままで食べやすい大きさにカットしたり、軽く茹でて同じくカットして与えます。

④グラブパイ・ベジバーガーを与える

グラブパイ・ベジバーガーは昆虫を主食とする爬虫類の主食として開発された人工飼料です。
●粉末をお湯と混ぜてゲル状にして与えます。水分が多くなるため、十分な水分補給になります。
●規定のお湯の量を多くして与えると、ゲル自体の水分が多くなります。

変法!水分多いグラブパイ.ベジバーガー作ってみたら?

●嗜好性が高いといわれていますが、全ての個体が食べてくれるわけではありません。

長生きを目指すには、ぜひフトアゴドック(健康診断)を受けましょう!

診察や健康診断を希望であれば、エキゾチックペットクリニックまで、ご予約をおとりください