1. TOP
  2. ウサギの生態の学術書

ウサギの生態の学術書

ウサギ学

著者:山田文雄
発行:東京大学出版会

書評

「隠れることと逃げることの生物学」。副タイトルがよいですね、まさにウサギの生態を上手く解説しています。この本を読むとかなりウサギのことが分かった感じになります、いや本当のウサギのことが分かってしまいます(^^♪

購入者の声

●紀伊国屋で立ち読みした時に、感動しました(神奈川県・開業獣医師・霍野)。
●一度読んでしまうと、ウサギに対する考えが変わりますね(大阪府・飼い主・T氏)。
●ウサギって弱い動物であるとが分かりました。しかし、言葉がちょっと難しいです(三重県・高校生・Y氏)