1. TOP
  2. カメ
  3. イシガメ、クサガメ、アカミミガメの分かりやすくマニアックな飼育(特別保存版)

イシガメ、クサガメ、アカミミガメの分かりやすくマニアックな飼育(特別保存版)

 2018/11/11 カメ この記事は約 7 分で読めます。
半水生ガメ飼育

基本を押さえてください

●昔から飼われているカメで根強い人気です。きちんと飼えば大きな病気にもならずに、30~40年生きていてもおかしくないです。
●ニホンイシガメは日本の固有種で、クサガメは中国~日本に分布し、この2種のカメは日本で古くから飼われているポピュラーな種類です。
●ミシシッピアカミミガメは北米に分布するアカミミガメの一亜種で、日本に帰化した種類です。また、ミシシッピアカミミガメはペットショップで安くに販売されていることから、子供が安易に飼育して遺棄されることが問題視されています。今では、野生ではニホンイシガメやクサガメよりも生体の数ははるかに多くなっています。

●水場と陸場の環境、紫外線による爬虫類用紫外線ライト爬虫類用赤外線線ライト、エサ、水替えが飼育のポイントになります。
半水生のカメの飼育 半水生ガメ飼育

光、温度、運動、エサ、水替えがポイント

●いわゆるカメの甲羅干しは、昼に水場から陸場へ上がって、太陽に甲羅を向けて光を浴びていますが、これは温度を体に吸収して熱をつくり、太陽光に含まれている紫外線から、骨や甲羅の成長に役立てているのです。
甲羅干し 

甲羅干しの意味を考えてみましょう

きちんと飼う?長生きさせる?どうちがうのか?コチラ!

1環境

●基本的にケージ内に水場と陸場をつくります。
●ケージは水槽やタライ、衣装ケース、コンテナなどの容器を使用し、カメの背甲が隠れるくらいのを張り、その中に陸場をつくってください。
カメのケージ  

●水場の水はカルキ抜きした水も進められていますが、それほど気にしなくても大丈夫です。病気のカメではカルキ抜きした水やエアーポンプで酸素を提供するで、カメにとってはよい環境になります。

タライ飼育

しっかりとした陸場があれば、水場が広くてもよいです

●カメは緩慢なイメージがありますが、実際は活動的で、広いスペースで飼育することが理想です。具体的な飼育スペースの決まりはなく、幼体では小さい容器でも飼育できますが、成長が早いため、体の大きさにあった広さのケージを用意してください。

●大きく成長すれば、ベランダや庭にカメを放し、その中で自由に入れる水を入れた容器(水場)を設置して飼えます。太陽光を浴びることができます。しかし、日陰をつくることと、ベランダからの落下や庭からの脱走対策は必ず考えてください。
ベランダ飼育   

カメはのろまじゃありません!かなり運動します

●水場は運動不足を防ぐためにもカメが自由に遊泳できる広さが理想です。しかし、水底に石を敷くこともありますが、水が汚れたり、エサの食べかすや糞がたまって不衛生になり、掃除も大変になるため、基本的にはおすすめしません。

 

水場に石や砂を敷かない方が水替えが楽チン!

爬虫類用赤外線ライト爬虫類用紫外線ライトの2種類のライトを照射します。ライト類は朝に点灯し、夜間は消灯します。冬になると夜は気温や水温がさがりますので、水中ヒーターなどで温度管理を補助的にします。水温は水温計で確認し、サーモスタットで温度調節も可能です。

太陽光=赤外線ライト+紫外線ライト

陸場
●季節的に屋外にカメを出せる春~秋であれば、昼に太陽光を浴びさせて甲羅干しをさせてください。しかし、夏の熱中症や熱射病などには注意してください。

太陽光に勝るライトはない!

●カメはホットスポットによって至適体温になると活動的になり、体温が上がりすぎると、温度の低い水場に移動します。したがって適切なケージの大きさは一概にいえず、温度設定ならびに温度勾配を設けることが重要です。
●一般的に半水生のカメの至適環境温度域は約25~35℃(ホットスポットは30~35 ℃、水場は25 ℃)である。夏の水温は至適環境温度域を確保できることが多く、水中ヒーターは不要です〔安川 2007(3)〕。

温度勾配作って!それが難しい?

●クサガメ、イシガメ、ミシシッピアカミミガメは通常11 月頃から冬眠に入りますが、飼育下で冬眠させるかは、飼育者の考え、ならびにカメの状態にもよります。冬眠させない場合は、屋内にて適温で飼育してください。
●屋内で保温して飼育しても、冬になると食欲が落ちるカメが多いです。病気との鑑別は動物病院で診察してもらいましょう。
冬眠さるかの最終的な判断は飼い主の選択になります。冬眠させた方が長生きするという考えもあります。しかし、幼体、体重が軽いカメ、病気のカメなどは冬眠させないでください。

冬眠させますか?その話はコチラ

●紫外線も赤外線もでるメタルハライドランプは便利です。メタルハライドランプを使用する場合は陸場を中心に照射してください。

2エサ

●エサは半水生カメ用のペレットを主食として与え、その他の食材はバラエティーをつけるための副食程度にしてください。
半水生カメのエサ
●ペレットは水の中で浮く浮上性のタイプを使用するとカメは食べやすく、水も汚れにくいです。
採食
●動物性タンパク質として、煮干しや肉片コオロギやミルワームなどの昆虫やミミズなどを与えます。
●食べるようであればコマツナやチンゲンサイのような野菜や水草を少し与えてもよいですが、食べかすが水が汚します。
●エサを与える間隔は、幼体は毎日、成体は週に1~3回程度です。1回に与えるエサの量はカメの頭2つ分くらいでよいとされていますが、実際にはカメの年齢や気温などに左右されるため、カメの様子を見て加減してください。食べ残しや食べかすは水を汚し、皮膚病の原因になるため、早めに取り除いてください。

●馴れたカメはエサの時間になると人に寄ってきて、手からエサを食べるようになります。
採食

3水換え

●半水生のカメは水中でエサを食べ、排泄もするために、水が汚れやすいです。衛生状態を保つために水替えは頻繁に行ってください。ただし、水量に見合ったろ過器を使用することで、多少水替えの頻度を少なくできますが、多くのろ過器は魚の排泄物を生物学的に分解するもので、カメの排泄物を分解するには限界があります。

きちんと飼う?長生きさせる?どうちがうのか?コチラ!

長生きを目指すには、ぜひカメ(健康診断)を受けましょう!

健康診断を希望であれば、エキゾチックペットクリニックまで、ご予約をおとりください

 

参考文献

■安川雄一郎.イシガメ属、イシガメ属とその近縁属の分類と自然史(前編).クリーパー39.クリーパー社.東京.p18-44.2007(1)
■安川雄一郎.イシガメ属、イシガメ属その近縁種の分類と自然史(後編).クリーパー40.クリーパー社.東京.p30-67.2007(2)
■安川雄一郎.アカミミガメ属(スライダーガメ属)の分類と自然史1.クリーパー36.クリーパー社.東京.p18-57.2007(3)

\ SNSでシェアしよう! /

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの注目記事を受け取ろう

半水生ガメ飼育

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ホシガメの知らないといけない知識

  • 保護中: 【病気情報】アカミミガメの指が白くなっています

  • クサガメの知らないといけない知識

  • ヘルマンリクガメの知らないといけない知識

  • イシガメの知らないといけない知識

  • アカミミガメの知らないといけない知識