1. TOP
  2. ハリネズミ
  3. ハリネズミの分かりやすくマニアックな飼育(特別保存版)

ハリネズミの分かりやすくマニアックな飼育(特別保存版)

 2018/10/26 ハリネズミ この記事は約 7 分で読めます。

特殊なハリネズミですが、飼育は簡単!

1飼育

●基本的に夜行性で、夜にしか活動しません。昼は熟睡しています。
●臆病な性格で、さらに聴覚が発達しているために、静かでストレスの少ない環境で飼育することが理想です。物音や気配で目を覚ますために、ケージを置く場所は静かな部屋にしてあげましょう。

ハリネズミの飼育の下敷きのお求めはこちら

1-1飼育頭数

●基本的に単独生活です。複数飼育をする場合は相性を考慮し、雌雄を一緒に飼う場合は繁殖計画をしっかりと立てた上で行ってください。

1-2ケージ

●夜は活動的に動き回るので、脱走するおそれがあります。飼育ケージは広くて高さのあるタイプが理想です。
●床は金網だと手足が隙間に落ちたり、引っかける事故の可能性があります。ケージに床敷を厚く敷き、エサ容器、給水器、巣箱や小屋をレイアウトして設置してください。

  

●探索する癖があるために、夜中に行動してエサ容器をひっくり返します。重たい陶製の容器あるいは大きな平皿がよいかもしれません。
●臆病な性格のため、落ち着ける場所が必要で、中で動けるくらい余裕がある小屋や巣箱を1つ用意しておくとよいでしょう。

●ケージの壁に擦りつけるような排便を行うことが多く、ケージが汚れやすく、掃除は頻繁に行わなければなりません。
●基本的にトイレを覚えないです。排泄は床のあちこちでするので、床敷を取り換えやすいものにすることを考えましょう。

3-3温度・湿度・照明

●ハリネズミの体温は他の哺乳類と比べて低く、35.1℃〔Wallach 1983〕や36.1 ~37.2℃ 〔Hoefer 2005〕などと報告されています。
●気温が高くなると熱の放散を上手く行うことができず、ストレスになります。
●気温が約17℃以下になると、冬眠しやすくなるといわれていますので〔Hoefer 1994〕。
●冬の寒い時は、保温器具で寒さを防ぐ工夫をし、夏は冷房や送風などで温度が上がりすぎないように注意してください(温度・湿度)。
●主に夜に活動しますので、昼は暗い部屋あるいはケージにカバーなどをかけるなどしてください (照明)。

表:温度・湿度

項目 数値
温度 24-30℃
湿度 50-60%

冬眠させてはいけません

2食事

2-1エサ

●活動し始める夕方から夜の早い時間にかけて、エサを与えてください。
●野生のハリネズミのエサになる軟体動物や昆虫は栄養素がそれぞれ大きく異なるため、飼育下での食事内容や栄養に関しては、まだ分かっていないことが多いです。
●外骨格をもつ昆虫を大量に食べることから、飼育下であっても比較的高い粗繊維が必要とも考えられ、また、昆虫の外骨格は採食の際、歯に磨耗を与え、歯石の沈着予防にもなっています。
●飼育下では高蛋白、低脂肪のエサが理想とされ(粗タンパク30~50 %、粗脂肪10 ~20% 以下〔Allen 1992〕)、ハリネズミ用ペレットも多数販売されています。
●フェレットフードやキャットフードは粗脂肪が高く、肥満になりやすいので積極的には与えないでください。

●ハリネズミ用ペレットを中心に与え、コオロギやワームなどの昆虫、動物性蛋白質(ゆでたササミなど)、少量の野菜(ふやかしたニンジンやカボチャ、葉野菜)などを組み合わせて与えてください。
●ハリネズミ用ペレットはそのまま硬い状態で与える方法とふやかして与える方法の2つがあります。
●硬い状態で与える方法のメリットは、エサの腐敗が少なく、歯石を落として歯のお掃除になる、食べ過ぎ防止、手間がかからないことです。デメリットは硬いために、歯や歯肉を痛める可能性があり、幼体の時期では噛み砕けないこともあります。
●ふやかして与える方法のメリットは、柔らかくて歯や歯肉への負担が少ない、そして匂いが増すので嗜好性が高くなることです。デメリットは、ふやかすことでエサが腐敗しやすくなること、歯石がつきやすくなることの2つです。歯石がつくことで歯周病になるのが心配です。
●Dr.ツルはあえていえば、硬いままもペレットを与える方法をお勧めします。

エサはカリカリ派?ふやかし派?

  

●ハリネズミは野生では虫を主食の一つとしていますので、虫が大好物です。しかし、一部のハリネズミでは虫をみせると嫌うこともあります。ペレットを主食としているならば、虫は絶対に与えないといけないものではありません。もしも虫が嫌いなハリネズミならば、無理して与えなくてもよいです。

主食がペレットならば、虫は食べても食べなくてもよいです

2-2水

●給水ボトルあるいはお皿から水を与えてください。しかし、ふやかしたペレットを食べていると、そちらの水分で十分になり、あまり水を飲まないことがりあります。

3ケア

●ケージの中に動物をいれてエサを与えるだけという単調な飼育は、成長や健康維持、繁殖のみならず、精神的的なストレスの原因になります。
●動物が持つ野生本来の行動を発現できるような環境作りのために、動物はそれぞれ生息地に適応した体の特徴や生態を環境エンリッチメントに沿って考えてください。ハリネズミの場合、夜行性というのがポイントになり、昼は寝ているので無理に起こさないでください。

完全夜型の生活にしてください

●実際は活発で好奇心旺盛な性格なので、動き回ることのできる広い空間が必要になります。しかし、活動するのは主に夜になります。部屋の中に放して探索さするのも大好きです。

●回し車を気に入るかは個体差があります。回し車を回す場合は、金網タイプの回し車では手足を隙間に引っ掛けてしまう事故も多いので、カバーされている商品を選んでください。

●ハリネズミは人にべた馴れするわけでなく、ある程度人に馴れて怖がらなくする程度と思ってください。
●ハリネズミとコミュニケーションをとるために、針に耐えられる手袋を準備してください。最も適しているのが皮の手袋で、特に豚皮の手袋は安価でお薦めです。馴れていないハリネズミに手(手袋)を近づけると、丸まってしまいますが、少しづつ毎日行うと顔を出すようになります。次第に顔を上げてきたら、すくうようにハリネズミを両手に乗せます。手のひらの上で顔を上げてきたら馴れてきた証拠です。

スキンシップは少しづつ

●人に馴らすには時間がかかります。ストレスにならない程度に加減してください。徐々に警戒心がなくなるようになれば上出来です。

べた慣れハリネズミは珍しいです

●シャンプーや入浴の必要性はないですが、ちなみにハリネズミは泳ぐことも可能です〔Campbell 1997〕。
●野生とは異なり爪がすり減る環境ではないため、爪が伸びすぎることがあります。しかし、警戒心が強い子は、丸まってしまうために爪切りが困難になることも多いです。そのような場合は、メッシュカゴやケージのメッシュ部分を利用し、網目の隙間から足だけが出てくるので、爪が切りやすくなります。しかし、ケガをすることもあるので無理に行わないでください。

爪切りは難しいです。動物病院で麻酔かけて行います

●長寿を目指すならば、針ドック(健診)をうけましょう。

飼育のコツはコチラ!

治療や健康診断を希望であれば、エキゾチックペットクリニックまで、ご予約をおとりください

 

参考文献
■Allen ME.The nutrition of insectivorous mammals.In Proceedings of the Annual Meeting of the American Association of Zoo  Veterinarians.Oakland.California.US.p113-115.1992
■Campbell T.Intestinal candidiasis in an African hedgehog(Atelerix albiventris).Exotic Pet Pract 2.79.1997
■Hoefer HL.Hedgehogs.In Exotic pet medicine II,Veterinary Clinics of North America Small Anim Pract 24(1).Quesenberry KE,Hillyer EV eds.p113-120.1994
■Wallach JD,WJ Boever,Diseases of Exotic Animals:Medical and Surgical Management.WB Saunders.Philadelphia.US.p653-663.1983

\ SNSでシェアしよう! /

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ハリネズミの知らないといけない知識

  • ハリネズミの爪切り