1. TOP
  2. カメ
  3. ヘルマンリクガメの知らないといけない知識

ヘルマンリクガメの知らないといけない知識

 2018/10/19 カメ この記事は約 5 分で読めます。

初心者向けのカメで、おおらかな性格をしています

●ヘルマンリクガメは、かつては農作物を食べる害獣として扱われ、駆除や乱獲、そして生息地の破壊などにより個体数が減少しています。
●現在多くの生息地で保護活動が行われており、採集や国外への輸出も制限されています。
●ヘルマンリクガメは外貌がギリシャリクガメと似ていますが、黄褐色と黒褐色の模様が明瞭です。
ヘルマンリクガメ
●日本の気候によく似た地域に生息してるため、他のカメと比べて気をつかわなくて大丈夫な種類です(しかし、最低の温度管理をしてください)。性格も温和で、人にもよく馴れるかわいいカメです。

日本で飼いやすいカメですが、ややマイナー

1分類・生態

1-1分類

分類:カメ目リクガメ科ヘルマンリクガメ属
学名:Eurotestudo hermanni
英名:Hermann’s tortoise

1-2分布

ヨーロッパ南東部、地中海諸島

ヘルマンリクガメ分布地図

1-3生態

環境:森林や低木のある草原などの比較的乾燥した地域
行動
・昼行性で、昼間に活動し、四季のある地域にいるため、冬眠して越冬しますが、南部に分布する個体は冬眠しないこともあります。
・夜は窪みのある穴で過ごします〔安川 2000,安川2002〕。
食性:草食性で、主に植物や低木の葉を食べています。
寿命:40~50年

1-4身体

甲長:15~20cm

1-5亜種

●古くからニシヘルマンリクガメ、ヒガシヘルマンリクガメの2亜種が知られていましたが、現在ヒガシヘルマンリクガメからダルマティアヘルマンリクガメが分離され3亜種になりました〔安川2011〕。

あなたのヘルマンは、ニシ?ヒガシ?

●ペットではヒガシヘルマンリクガメが多く流通していますが、亜種間の交雑種も多いことから、純粋な亜種が減ってきています〔安川2008,安川2011〕。

ニシとヒガシの交雑種が多いです(涙)

●ヒガシヘルマンリクガメとニシヘルマンリクガメには鼠蹊甲板がありますが、ダルマティアヘルマンリクガメにはありません〔安川2008,安川2011〕。
●ダルマティアヘルマンリクガメはヘルツェゴビエンシスヘルマンリクガメとも呼ばれ、ヘルマンリクガメの中でも最も小さいです。Dr.ツルもまだみたことがないです。
ヘルマン鼠径甲板

鼠蹊甲板見てください!なければダルマティアです!

ニシヘルマンリクガメ(E.h.hermanni)

●ヘルマンリクガメの基亜種で、ヒガシヘルマンリクガメと比べて一回り小さいです。
●甲羅の黄褐色と黒褐色の模様のコントラストが明瞭で、背甲の黒色の領域が多いため、全体的に黒くみえます〔安川 2000,安川2002〕。
  ニシヘルマンリクガメ
●腹甲の暗色の模様が繋がって、太い帯状になっています〔安川 2000,安川 2002〕。

●顔に明色の黄色の斑紋が入る個体が多いです。
●イタリア北西部、フランス南部、スペイン領のバレアレス諸島の比較的乾燥地帯に生息し、温暖な地域にいる個体群は冬眠をしません〔安川2000,安川2002〕。

ヒガシヘルマンリクガメ(E.h.boettgeri)

●ヘルマンリクガメの中で最大種です。
●旧ユーゴスラビア、ブルガリア、アルバニア、ギリシャおよびトルコ西部に生息し、比較的降水のある地域であるため、湿気に対しては強いです。基本的に冬眠します〔安川2000, 安川2002〕。
●ニシヘルマンリクガメと比べて、甲羅の模様のコントラスが不明瞭です。
  
●腹甲の暗色の模様は甲板ごとに分かれ、繋がらないか、あるいは一部でのみ繋がっています〔安川2000, 安川2002〕。
ヒガシヘルマンリクガメ

2特徴

2-1性格

●性格は温和なカメで、噛みつくことはまれです。

2-2身体

●背甲は黄褐色で黒褐色の模様が入り、ギリシャリクガメの甲羅の模様と比べるとより明確です。
ヘルマンリクガメ
●腹甲にも黒褐色の模様が入っています。
●ヘルマンリクガメとギリシャリクガメとの違いは、ヘルマンリクガメの臀甲板は2枚ですが、ギリシャリクガメは1枚です。
●ギリシャリクガメにある後足と尾の間に突起状の鱗が、ヘルマンリクガメにはありません〔安川 2000,安川 2002〕。

ヘルマンリクガメ

ヘルマンリクガメ

ギリシャリクガメ

ギリシャリクガメ

ヘルマンはお尻の甲板が2枚あります

2-3雌雄鑑別・繁殖

●カメの雌雄鑑別と繁殖はコチラ!

 

きちんと飼う?長生きさせる?どうちがうのか?コチラ!

健康診断を希望であれば、エキゾチックペットクリニックまで、ご予約をおとりください

参考文献

■安川雄一郎.チチュウカイリクガメ属の分類.クリーパー.創刊号.クリーパー社.東京.p4-19.2000
■安川雄一郎.チチュウカイリクガメの分類.クリーパー13.クリーパー社.東京.p4-23.2002
■安川雄一郎.旧リクガメ属の分類と自然史1.クリーパー59.クリーパー社.東京.p51-59.2011

\ SNSでシェアしよう! /

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • リクガメの分かりやすくマニアックな飼育(特別保存版)

  • 保護中: 【病気情報】アカミミガメの指が白くなっています

  • クサガメの知らないといけない知識

  • ホシガメの知らないといけない知識

  • イシガメの知らないといけない知識

  • ギリシャリクガメの知らないといけないと知識