1. TOP
  2. カメ
  3. ギリシャリクガメの知らないといけないと知識

ギリシャリクガメの知らないといけないと知識

 2018/10/19 カメ この記事は約 6 分で読めます。

種類が多すぎギリシャリクガメ

●ギリシャリクガメは背甲の模様がギリシャ織のようにみえることが名前の由来で、学名のgraecaはギリシャという意味です。
●分布域は広く、10種以上の亜種が知られ、亜種によって大きさや色などが異なります。しかしながら、亜種の分類が混沌としており、独立種としての意義も唱えられています。ペットとして販売時に明記されている流通名は、必ずしも正確な亜種名とは限らないのです。
  

ギリシャリクガメの亜種の鑑別はプロでも難しい

1分類・生態

1分類

分類:カメ目リクガメ科チチュウカイリクガメ属
学名:Testudo graeca
英名:Greek tortise,Spur-thight tortoise

1-2分布

ヨーロッパ南部、アジア南西部および西部、アフリカ北西部、地中海諸島

ギリシャリクガメ

ギリシャリクガメはギリシャに住んでいない

1-3生態

環境:分布域が広く、森林や草原、山地等の比較的乾燥した地域
行動:昼行性で昼間に活動し、夜は窪みのある穴で過ごす。亜種や個体群によって、冬眠で越冬するものもいます〔安川 2000,安川2002〕。
食性:草食性で、主に植物や低木の葉を食べています。
寿命:40~50年

1-4身体

甲長:20~30cm(最大甲長約36㎝)

1-5亜種

●多くの亜種の中で、本邦に輸入される数が多い種類は、アルジェリアギリシャリクガメ、トルコギリシャリクガメ、アナムールギリシャリクガメ、アラブギリシャリクガメである。他にもキレナイカギリシャリクガメ、モロッコギリシャリクガメ、チュニジアギリシャリクガメ、ニコルスキーギリシャリクガメ、ダゲスタンギリシャリクガメ、ザグロスギリシャリクガメ、スースギリシャリクガメ、イランギリシャリクガメ、アンタキヤギリシャリクガメ、アルメニアギリシャリクガメ、カスピギリシャリクガメ、ランバートギリシャリクガメ、レバントギリシャリクガメ、ニコルスキーギリシャリクガメなどが知られています。

ムーアギリシャリクガメ(T.g.graeca

●ギリシャリクガメの基亜種で、アルジェリアギリシャリクガメやグラエカ種という流通名があり、亜種の中では小型です。
●アルジェリア北部~モロッコ北東部、そして一部スペイン南部の山地に生息しています。生息場所によっては冬眠しません〔安川 2000,安川 2002,Ernst et al.1999〕。
●背甲のギリシャ織模様は、成長に伴い不明瞭になり、暗~灰褐色を帯びる個体が多く(ブラックギリシャリクガメ)、お尻の甲羅はフレアー状に外側へ張り出しません。
ムーアギリシャリクガメ

コーカサスギリシャリクガメ(T.g.Iberia)

●亜種の中で最も大型になる亜種で、トルコギリシャリクガメやイベラ種という流通名があります。
●アゼルバイジャン、ロシア西部に生息し、基本的に冬眠します〔安川 2000,安川2002〕。
●背甲のギリシャ織模様は多彩ですが、暗色の模様が多く入るようになり(ブラックギリシャリクガメ)、腹甲全体にも模様か多いです。
アラブギリシャリクガメ  アラブギリシャリクガメ
●お尻の甲羅はフレアー状に張り出し、特にオスでは外縁は尖ることもあります。

アナムールギリシャリクガメ(T.g.anamurensis)

●トルコ中南部の地中海沿岸性気候の低地に生息し、基本的に冬眠はしません〔安川 2000,安川 2002〕。
●大型の亜種で、背甲のギリシャ織模様は不規則で、全体が暗褐色になる個体が多いです(ブラックギリシャリクガメ)。
アナムールギリシャリクガメ
●お尻の甲羅はフレアー状に張り出し、背甲は上からみると台形のようです。
アラブギリシャリクガメ

アラブギリシャリクガメ(T.g.terrestris)

●テレストリスギリシャリクガメという別名もあり、亜種の中では小型で、全体的に丸みを帯びています。
●シリア、トルコ南西部、イラク北西部の、ステップ気候や地中海性気候の地域に生息し、ギリシャリクガメの中でも最も寒さに弱いため、基本的に冬眠させないでください〔安川 2000,安川2002〕。
●背甲のギリシャ織模様が不明瞭になることも多く、全体が黄色あるいは黄褐色になります(イエローギリシャリクガメ、ゴールデンギリシャリクガメ)。
アラブギリシャリクガメ  アラブギリシャリクガメ
●お尻の甲羅はフレアー状に張り出しています。
アラブギリシャリクガメ

キレナイカギリシャリクガメ(T.g.cyrenaica)

●キレーナギリシャリクガメとも呼ばれ、リビア北東部のキレナイカ高原に生息し、亜種の中では小型です。
●背甲はギリシャ織模様にはならずに、大小の不規則の暗色の模様が散らばっており、腹甲の模様も不規則に入り、一部連続しています。
キレナイカギリシャリクガメ キレナイカギリシャリクガメ
●お尻の甲羅はフレアー状に張り出しています〔安川 2000,安川 2002〕。
キレナイカギリシャリクガメ

2特徴

2-1性質

●基本的に神経質で、臆病なカメです。飼育することで人に応じない個体になることが多いです。

2-2身体

●背甲は暗褐色で黄褐色のギリシャ織のような模様が入っていますが、亜種や個体群によって模様は不明瞭になり、かつ全体が黄色あるいは黒褐色になることもあります。
ギリシャリクガメ
●亜種の鑑別が難しいため、甲羅が黄色を帯びるものをイエローギリシャリクガメ、黒褐色を帯びるものをブラックギリシャリクガメという単純な流通名で呼ばれることもあります。

ギリシャリクガメ

イエローギリシャリクガメ

ギリシャリクガメ

ブラックギリシャリクガメ

イエローギリシャ、ブラックギリシャでも良いのでは?

●亜種によっては、お尻の甲羅が外側へ張り出しているものもいます。
●腹甲の各甲板に黒褐色のまだら模様が入ったりたり、変異が大きいです。
ギリシャリクガメの腹甲  ギリシャリクガメの腹甲
●全ての亜種に共通して共通して腹甲に1つの蝶番があります。
ギリシャリクガメの蝶番  ギリシャリクガメの蝶番
●後足と尾の間にそれぞれ突起状の鱗(蹴爪)があり、英名のSpur-thighed tortoiseの由来になっています〔安川 2000,安川2002〕。
ギリシャリクガメの蹴爪  ギリシャリクガメの蹴爪

2-3雌雄鑑別・繁殖

●カメの雌雄鑑別と繁殖はコチラ!

 

きちんと飼う?長生きさせる?どうちがうのか?コチラ!

健康診断を希望であれば、エキゾチックペットクリニックまで、ご予約をおとりください

 

参考文献

■安川雄一郎.チチュウカイリクガメ属の分類.クリーパー.創刊号.クリーパー社.東京.p4-19.2000
■安川雄一郎.チチュウカイリクガメの分類.クリーパー13.クリーパー社.東京.p4-23.2002

\ SNSでシェアしよう! /

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 保護中: 【病気情報】カメの甲羅が割れてしまいました

  • イシガメの知らないといけない知識

  • リクガメの分かりやすくマニアックな飼育(特別保存版)

  • クサガメの知らないといけない知識

  • アカミミガメの知らないといけない知識

  • イシガメ、クサガメ、アカミミガメの分かりやすくマニアックな飼育(特別保存版)