1. TOP
  2. カメ
  3. アカミミガメの知らないといけない知識

アカミミガメの知らないといけない知識

 2018/10/19 カメ この記事は約 6 分で読めます。
リオグランデアカミミガメ

耳が赤くないアカミミガメもいます

●アカミミガメと呼ばれるカメは、北中米に分布するヌマガメ科アカミミガメ属アカミミガメですが、本種類には4亜種のカメがおり、外観が類似している近縁種も含めて広義的にアカミミガメと呼ばれています。

●日本にペットとして大量に輸入され、一部が遺棄されて野生化している外来種です。

アカミミガメ 

●適応能力が高く、今やイシガメやクサガメなどの日本固有種よりも数が増えて、生態系を脅かす存在になっています。
●アカミミガメならびに近縁種は、外貌が類似しているため鑑別が非常に難しいですが、現地での生息数ならびに日本で帰化した個体数で圧倒的に多い種類はミシシッピアカミミガメです。
●アカミミガメ属のカメはスライダー(Slider)とも呼ばれ、「滑る者」という意味です。日光浴などをしている最中に、外敵である猛禽類や捕食動物が近づくと驚いて、水中に滑るように逃げることが由来とされています。

1分類・生態

1-1分類

分類:カメ目潜頸亜目ヌマガメ科アカミミガメ属
学名:Trachemys scripta
英名:Common slider
別名:スライダーガメ、スライダータートル
アカミミガメ  アカミミガメ

1-2分布

アメリカ南東部からメキシコ北東部の国境地帯まで
アカミミガメ分布地図

1-3生態

環境:河川、池、湖沼など
行動
・底質が柔らかく水生植物が繁茂し、水深のある流れの緩やかな流水域や止水域を好みます。
・昼行性で、夜は泥の中や池や浅瀬のふちで休んでいます。
・冬になると冬眠して越冬します。しかし、温暖な地域の個体群は冬眠しません。
食性
・雑食性で、子魚、イモリやカエルなどの両生類、甲虫などの昆虫、巻貝、エビやカニなどの甲殻類、ミミズなどの軟体動物、植物の葉や花、藻などを食べています。
・幼体は肉食性が強いですが、成長に伴い植物性のものを食べる量が増えてきます3)。
寿命:30~40年

1-4身体

甲長:最大28 cm

1-5亜種

●かつてアカミミガメは14 種前後の亜種に分類されていましたが、現在は、キバラガメ、ミシシッピアカミミガメ、カンバーランドキミミガメ、そして新種のリオグランデアカミミガメの4亜種に分けられています〔安川 2007(3)〕。
●中でもミシシッピアカミミガメは繁殖(CB) 個体が盛んに繁殖で増え、他の亜種との交雑種も多く流通しています。

ミシシッピアカミミガメ(T. s. elegans

●ミシシッピアカミミガメの学名であるelegansは優雅なという意味で、名前の通り身体にきれいな模様をもつカメです。
●頭の横に橙色~赤色の太い1本の帯が入るのが特徴で、和名のアカミミガメ、英名のRed-eared slider の由来になっています〔安川 2007(3)〕。

●アメリカ南部に分布していましたが、現在世界各地に帰化・定着して問題となっています。
●本邦でも1960 年代よりアメリカから輸入され始め、遺棄されたと思われる個体が帰化し、全国で見られる種類になりました〔安川 2007(3)〕。
●幼体は全身が鮮やかな緑色であるため、ミドリガメと呼ばれています。
アカミミガメ  

ミドリガメは本名ではありません。あだ名です!

●背甲は緑褐色で、各甲板に細い黄色の筋模様が入り、この模様は複雑で変異が大きいです。
ミシシッピアカミミガメ  ミシシッピアカミミガメ
●腹甲は不規則な暗色の腹甲斑が入ります。
ミシシッピアカミミガメ  アカミミガメの腹甲
●甲羅の色は年とともに茶褐色になり、筋模様がくすんだり、また、黒化したりすることもあります。
ミシシッピアカミミガメ  

キバラガメ(T. s. scripta

●アカミミガメの基亜種で、本種は亜種間交雑個体と思われる個体が多く流通しているため、外見の特徴もバラエティーに富んでいます。
●背甲は濃い緑褐色で、黄色い線が模様になって入っていますが、模様には個体差があり、様々な濃さや柄が存在します
キバラガメ
●腹甲は黄色で、和名のキバラガメ、英名のYellow-bellied sliderの由来になっています。しかし、左右の喉甲板にのみ1つずつ輪状の暗色の腹甲斑が入ることもあります。
キバラガメの腹甲  キバラガメの腹甲

お腹が黄色いキバラガメ

●頭の横には太い黄色の筋が、S あるいはZ 字の模様を描いてみられますが、個体によって、あるいは交雑種では、模様が少なかったり、赤色を帯びていることがあります〔安川 2007(3)〕。
キバラガメの顔  キバラガメの顔

カンバーランドキミミガメ(T. s. troostii

●カンバーランドキミミガメは、アカミミガメの中で最も小型の亜種です。

●ミシシッピアカミミガメとキバラガメの交雑種とみなす説もありますが、詳細は不明です〔安川 2007(3)〕。
●背甲は濃い緑褐色で、黄色の筋模様が入ります。
かんバーランドキバラガメ 
●頭の横には細い黄色~黄橙色の太い1本の帯模様が入り、下顎にも1本の太く黄色い帯がみられます。
カンバーランドキミミガメ
●腹甲の各甲板には小型の暗色の腹甲斑が入ることで、キバラガメとは区別されます〔安川 2007(3)〕。

カンバーランドキミミガメは黄色い耳したアカミミガメ

カンバーランドキミミガメ

リオグランデアカミミガメ(T. s. subsp

●アカミミガメの分布域であるリオグランデ川の下流周囲に分布し、分類学的に正式な亜種ではありません。
●基本的にミシシッピアカミミガメと似ていますが、頭の横の赤色の帯がより太く、帯が目から離れた所から始まり、首の細い縞模様につながらないのが特徴です〔安川 2007(3)〕。
リオグランデアカミミガメ  

赤耳がでかいリオグランデアカミミガメ

●赤色の帯とは別に、目の後方に同色の小点がある個体もいます3)

1-6品種

●アカミミガメは色や模様のバリエーションの変異が多く、さらに亜種間での交雑種も多いです。カラーバリエーションとして、黒色色素欠乏のアルビノ、黒色色素減退のハイポメラニスティックであるパステル、赤色色素欠乏のアネリスリスティックとハイポメラニスティックの交雑種であるゴースト、その他にもアルビノと異なり、白化しているリューシスティック、赤色色素過多のエリスリティックなどの繁殖(CB)個体が作られています。

アカミミガメのアルビノ

アルビノ

アカミミガメのパステル

パステル

 

 

 

 

 

 

アカミミガメのゴースト

ゴースト

2特徴

2-1性質

●基本的に気性は荒く、獰猛です。
 

おこりんぼうのアカミミガメ

2-2身体特徴

●背甲は濃い緑褐色で、黄色の筋模様が入りますが、年をとると背甲はくすんだ色になり、模様もみえにくくなってきます。
●腹甲は黄色で、模様がが入るものもいます。
●頭部や四肢、尾は緑~濃緑色で、細い薄黄色の縞模様がみられます。
●指には鋭い爪と小さな水かきを備え、水場も陸場にも対応できます。

2-3雌雄鑑別・繁殖

●カメの雌雄鑑別と繁殖はコチラ!

 

きちんと飼う?長生きさせる?どうちがうのか?コチラ!

健康診断を希望であれば、エキゾチックペットクリニックまで、ご予約をおとりください

 

\ SNSでシェアしよう! /

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの注目記事を受け取ろう

リオグランデアカミミガメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 興味深い!カメの雌雄鑑別と特殊な繁殖戦略

  • リクガメの分かりやすくマニアックな飼育(特別保存版)

  • イシガメの知らないといけない知識

  • イシガメ、クサガメ、アカミミガメの分かりやすくマニアックな飼育(特別保存版)

  • 保護中: 【病気情報】カメの甲羅が割れてしまいました

  • 保護中: 【病気情報】アカミミガメの指が白くなっています