1. TOP
  2. ハムスター
  3. ハムスターって、こんなに種類がいるんですね!

ハムスターって、こんなに種類がいるんですね!

 2018/10/05 ハムスター この記事は約 14 分で読めます。

あなたのハムスターの種類は?

1種類

●ハムスターとはキヌゲネズミ亜科に属するネズミで、24種類が知られています。
●ペットではゴールデンハムスター、ジャンガリアンハムスター、キャンベルハムスター、ロボロフスキーハムスター、チャイニーズハムスターが飼育され、過去にはクロハラハムスターも流通していました。
●ドワーフハムスターとは、ジャンガリアンハムスター、キャンベルハムスター、ロボロフスキーハムスターなどの小型の種類の総称です。
表:分類

ネズミ目
(げっ歯目)
キヌゲ
ネズミ亜科
ゴールデンハムスター属 ゴールデンハムスター
ヒメキヌゲネズミ属 ジャンガリアンハムスター
キャンベルハムスター
ロボロフスキーハムスター
キヌゲネズミ属 チャイニーズハムスター
クロハラハムスター属 クロハラハムスター

ハムスターの種類の下敷きのお求めはコチラ!

1-1ゴールデンハムスター(シリアンハムスター)

●俗にいうハムスターはゴールデンハムスターを指す場合が多く、実験動物ではシリアンハムスターと呼ばれています。
●ゴールデンハムスターは両手に乗るくらいの中型のハムスターです。
●人に馴れやすく、扱いやすい種類です。興奮させなければ、噛むことはありません。
ゴールデンハムスター
ゴールデンは優しいハムスター

学名:Mesocricetus auratus
英名:Golden hamster,Syrian hamster
別名:シリアンハムスター
分布:シリア、レバノン、イスラエル

ゴールデンハムスター分布地図

身体
・頭胴長:16.0~18.5cm
・尾長:2.10~2.85cm
・体重:130~210g(一般的にオスよりもメスの方が大きくなります)
品種
●ゴールデンハムスターは毛色と毛の長さ・毛質によって品種が分けられています。
●流通している多くが毛が短い短毛種ですが、長い毛を持った長毛種も人気があます。
●光沢のある毛や縮れた毛のような毛質を持ったハムスターもおり、それぞれの毛色に毛の長さや毛質の組み合わせで、たくさんの品種が作られています。
ゴールデンハムスターカラー

ノーマル(ゴールデン)

野生色で、背中は茶色、お腹は白色を帯びています。両頬に走る黒色の線(チークフラッシュ:Cheek flash)が入り、その上下にある三日月型の白色の模様(クレセント:Crescent)が特徴です。目は黒目で、耳は灰色~黒色をしています。
ゴールデンハムスターノーマル  ゴールデンハムスターノーマル

クリーム

全身がクリーム色~やや茶色を帯びたオレンジ色の一色で、チークフラッシュやクレセントなどの模様はありません。目は黒目で、耳は灰色~黒色をしています。一般的に幼体期は体色が淡く、成長につれて濃くなっていく傾向があり、毛色の幅は多様です。毛色が金色で、顔立ちがクマに似ているために、キンクマハムスターと呼ばれています。ゴールデンハムスターの中でも特に大人しい性格をしています。
ゴールデンハムスタークリーム  ゴールデンハムスタークリームとノーマル

シナモン

ノーマルを明るくした感じで、背中は明るいオレンジ色~赤茶色、お腹は白色を帯びています。チークフラッシュは灰色~アイボリー色です。赤目やブドウ目をしており、耳の色も薄くなっています。成長につれて、体色が濃くなる傾向にあります。

ゴールデンハムスターシナモン

アンブロウス

アンブロウスは遺伝子的に本来の毛色を暗くする働きがあります。ノーマルのアンブロウスでは、写真のように焦げ茶色や黒褐色が多く入った毛色になります。
ゴールデンハムスターアンブロウス

ブラック

全身が青色や茶色を帯びた黒色をしていますが、多くは手足や喉元に白色が入ります。目も黒目です。
ゴールデンハムスターブラック  ゴールデンハムスターブラック

グレー

グレーには、シルバーグレー、ライトグレー、ダークグレーの3種類が存在し、シルバーと呼ばれることもあります。ライトグレーでは、背中は明灰色~薄茶色を帯びた灰色(クリーム色)で、お腹は白色を帯びています。目は黒目で、耳は暗灰色をしています。顔の鼻色を中心にクリーム色にぼけてみえるのも特徴です。なお、ライトグレーは劣性致死遺伝子を持っています。
ゴールデンハムスターグレー  ゴールデンハムスターグレー

ホワイト

全身は白色で、時に所々に薄茶色の色が入っています。目は黒目です。。
ゴールデンハムスターホワイト  ゴールデンハムスターホワイト

アルビノ

アルビノは黒色色素が抜けているため、全身の毛色が白色になり、赤目をしています。しかし、ゴールデンハムスターでは完全なアルビノは存在せず、一部に色がついたり、薄い色が残っています。耳が灰色のダークイアード・ホワイト(Dark eared white)、耳がピンク色のフレッシュイアード・ホワイト(Flesh eard white)などが流通しています。

ゴールデンハムスターダークイアードホワイト

ダークイアード・ホワイト

ドミナント・スポット

まだら模様のあるものを総称してドミナント・スポットと呼びます。まだら模様は茶褐色系やベージュ系などの色で、大きさも様々ですが、白色に黒色の斑があるものをダルメシアンと呼んで区別することもあります。頭から目の上にかけて、色が入っているタイプ(鉢割れ)も多く、お腹は白色です。なお、ドミナント・スポットは劣性致死遺伝子を持っています。
ゴールデンハムスタードミナントスポット  ゴールデンハムスタードミナントスポット

ダルメシアン

犬のダルメシアンのような模様をしており、体色は白色で、規則的で細かい斑模様が入りますが、お腹は斑模様を欠いて白色です。なお、ダルメシアンは劣性致死遺伝子を持っています。
ゴールデンハムスターダルメシアン  ゴールデンハムスターダルメシアン

ローン

ローンとは葦毛(あしげ)という意味で、体色は元の毛色に白色の葦毛が入ります。葦毛の入る程度には個体差があり、白色に近いものから、元の毛色がかなり残っているものなど様々です。

バンデット

一般的に流通している毛色で、背中に白色の帯状の模様が入り、腹巻をしているようにみえます。腹巻の模様の形状や大きさは様々です。茶褐色に白色の腹巻模様が入ったタイプが大量に流通しているため、これをノーマルと呼ぶこともあります。
ゴールデンハムスターバンデッド  ゴールデンハムスターバンデッド  ゴールデンハムスターバンデッド

ト-ティシェル

三毛の模様のもとになる2色のモザイク模様です。これに白斑が組み合わさると、いわゆるトリコロールと呼ばれる三毛になります。

ゴールデンハムスタートリコロール

トリコロール

ロングヘア―(長毛種)

長毛の毛の長さには個体差と性差があります。全体的に長くなるだけでなく、部分的に伸びることもあります。一般的に、オスの方がメスよりも長くなります。メスはその中途半端な長さゆえに、日本では呼称として中毛と呼ばれることがあります。長毛種は、その外貌からテディ―ベアーハムスター(Teddy bear hamster)と呼ばれます。また、長毛種は毛繕いした毛を飲みこんで消化管閉塞を起こす確率が、短毛種よりも高くなります。
ゴールデンハムスターロングヘアー  ゴールデンハムスターロングヘアー

サテン

光沢のある毛で、毛色がより鮮やかにみえます。各品種にサテンがいます。なお、サテンは劣性致死遺伝子を持っています。
ゴールデンハムスターサテン  ゴールデンハムスターサテン

レックス

毛が縮れていたり、巻いたりしてウェーブがかかっています。各品種にレックスがいます。ヒゲもカールしていることもあります。
ゴールデンハムスターレックス  ゴールデンハムスターレックス

1-2ジャンガリアンハムスター

●ゴールデンハムスターよりも一回り小さく、機敏な動きをする小型のハムスターです。
ジャンガリアンハムスター
●背中に1本の線が入り、手足の裏の毛が長いことが特徴で、 Striped hairy-footed hamster(セスジケアシハムスター)という名前の由来になっています。
ジャンガリアンハムスター背中  ジャンガリアンハムスター足裏の毛
●特にジャンガリアンハムスターは、毛色による俗称で販売されていることが多いです。
●性格はマイペースで、気性が現れやすいです。扱い方を間違わなければ馴れますが、怒るとすぐに噛んできます。
●現在、ジャンガリアンハムスターとキャンベルハムスターの分類学的な論争が行われており、別種としての分類が疑問視され、同種として Phodopus sungorus に統一されたり、亜種としての分類も唱えられています〔Cantrell et al.1987〕。

ジャンガリアンはわがままなハムスター

学名:Phodopus sungorus
英名:Striped hairy-footed hamster, Dzungarian hamster,Djungarian hamster, Zungarian hamster,Russian hamster,Winter white hamster(※)
別名:ヒメキヌゲネズミ、ロシアンハムスター、ウインターホワイトハムスター(※)
分布:カザフスタン東部、シベリア南西部
ジャンガリアンハムスター分布地図
身体
・頭胴長:オス7.0~12.0cm、メス6.0~11.0cm
・尾長:0.7~1.0cm
・体重:オス35~45g、メス30~40g
※夏毛から冬毛に換毛する際に、毛色が白色に変色することが多いため、 ウインターホワイトハムスター(Winter white hamster)とも呼ばれています。日本の気候では冬毛にならないジャンガリアンも多く、中には部分的(腰の周囲)だけが冬毛になるものもいます。しかし、ペットではあまり白色になることはありません。
ウインターホワイトハムスター  ジャンガリアンハムスター換毛
品種
ジャンガリアンハムスターは毛色や模様によって品種が分けられています。主な品種を紹介します。

ノーマル

背中は灰褐色で、額から臀部にかけて明瞭な黒色の1本の線模様(ストライプ)が入っています。お腹は白色を帯びて、黒目であるのが特徴です。
ジャンガリアンハムスターノーマル  ジャンガリアンハムスターノーマル

サファイア

ノーマルの灰褐色の毛色とストライプが薄くなった毛色です。青灰色を帯びた毛色はサファイアブルーとも呼ばれ、人気が高い品種です。
ジャンガリアンハムスターサファイア

パール

白色系の毛色で、黒目をしています。毛の根本より白色に変色したものですが、元々の毛色が毛先に残っていることもあります。この中でも全身が白色で背中のストライプが残るものをパールホワイト、純白でストライプを欠いたものをスノーホワイトと呼びます。なお、パールやスノーホワイトは劣性致死遺伝子を持っています。そして、パールは遺伝的に斜頸(首をかしげる症状)や旋回(グルグルと同じ方向に回る)などの神経症状がみられることがあります。

ジャンガリアンハムスターパールホワイト

パールホワイト

 

プディング(イエロー)

薄茶色の毛色で、背中の線も茶色を帯びています。遺伝的に肥満になりやすく、糖尿病になりやすいです〔Meier et al.1959〕なお、プディングは劣性致死遺伝子を持っています。
ジャンガリアンハムスタープディング  ジャンガリアンハムスタープディング

パイド

パイドは白色のまだら模様が入ったもので、様々な毛色にみられます。
ジャンガリアンハムスターパイド

ブラック

全身が黒色ですが、キャンベルハムスターのブラックが間違えてジャンガリアンとして流通している可能性もあり、ジャンガリアンとキャンベルの交雑種ともいわれていますが、詳細は不明です。
ジャンガリアンハムスターブラック

1-3キャンベルハムスター

●ジャンガリアンハムスターと外見上の鑑別が難しく、ジャンガリアンハムスターと比べて、足の裏の毛が薄い、背中の線が細い、耳が尖って 広い、太い尾などの特徴で鑑別します。
キャンベルハムスター背中
●ジャンガリアンハムスターには赤目やブドウ目はいませんが、キャンベルハムスターでは、黒目、赤目、ブドウ目の全ての色がいます。
●性格がきついものが多く、特に白色やクリーム色系は噛み癖があります。
●キャンベルハムスターは遺伝的に糖尿病になりやすいです。
●人にはやや馴れにくいのですが、欧米での人気はジャンガリアンハムスターをしのぎます。

キャンベルは海外で人気のあるハムスター

学名:Phodopus campbelli
英名:Cambell’s dwarf hamster
別名:キャンベルキヌゲネズミ
分布:ロシア(バイカル湖沿岸東側)、モンゴル、内モンゴル自治区(内蒙古)、中国の新疆維吾爾自治区
キャンベルハムスター分布地図
身体
・頭胴長:オス7.0~12.0cm、メス6.0~11.0cm
・尾長:0.7~1.0cm
・体重:オス35~45g、メス30~40g

品種
●キャンベルハムスターは毛色と毛の長さ・毛質によって品種が分けられています。
●流通している多くが毛が短い短毛種ですが、長い毛を持った長毛種もいます。光沢のある毛や縮れた毛のような毛質を持ったハムスターもおり、それぞれの毛色に毛の長さや毛質の組み合わせで、たくさんの品種が作られています。

ノーマル

背中は灰褐色系で茶色の毛が強く入り、お腹側は白色を帯びています。目は黒目で、耳は暗灰色です。背中にはジャンガリアンハムスターと同様に1本の線模様(ストライプ)が走行しています。脇腹に背中とお腹の色の境目部分にクリーム色のアーチ状模様が入り、この部分の形状をホタテ貝になぞらえてスカラップ(Scallop)と呼ぶこともあります。

アージェント

アルビノイエローとも呼ばれるアルビの一種です。背中はレモンイエロー~オレンジ色で、背中のストライプは茶色を帯びた灰色です。お腹は白色を帯びています。目は赤目で、耳は肌色です。アージェント(Argente)は、フランス語で、銀食器もしくは銀メッキを意味します。
キャンベルハムスターアージェント  キャンベルハムスターアージェント

シャンパン

明るい茶色を帯びた灰褐色、お腹は白色を帯びています。
キャンベルハムスターシャンパン

オパール

オパールはジャンガリアンハムスターのサファイアに相当する毛色とされ、より茶色を帯びて薄い色にみえます。黒目で、耳は灰色です。
キャンベルハムスターオパール

アルビノ

黒色色素を欠くために、全身が白色で、赤目をしています。
キャンベルハムスターアルビノ

ブラック

全身が黒色ですが、黒色の濃淡の幅は広く、濃灰色~漆黒と多様です。多くは手足やのど元に白色が入ります。

キャンベルハムスターブラック

パイド

パイドは白色の斑模様が入ったもので、様々な毛色にみられます。なお、パイドは劣性致死遺伝子を持っています。
キャンベルハムスターパイド

1-4ロボロフスキーハムスター

●頭部が大きく、2頭身の外貌をしています。
●ハムスターの中で最も小さい種類で、敏捷性に優れ、素早く動きます。
●性格は怖がりな性格で、人には馴れません。噛み癖はないのですが、動きが早いので、飼いなれていない人には扱いにくく、すばしっこくて持てません。
ロボロススキーハムスター 

学名:Phodopus roborovskii
英名:Roborovskii dwarf hamster
別名:ロボロフスキーヒメキヌゲネズミ
分布:ロシアのツバ自治共和国、カザフスタ ン東部、モンゴル西部および南部、隣接する中国の新疆維吾爾自治区北部
ロボロフスキーハムスター分布地図
身体
・頭胴長:7.0〜10.0cm
・尾長:0.7〜1.0cm
・体重:15〜30g

品種
ロボロフスキーハムスターは毛色によって品種が分けられています。主な品種を紹介します。

ノーマル

背中は茶褐色~灰色で、ストライプの線はみられません。上まぶたに眉毛のような白い模様が特徴で、おじいさんのような顔つきをしています。お腹は白色を帯びています。ロボロフスキーハムスターは全てが黒目です。
ロボロフスキーハムスターノーマル  ロボロフスキーハムスターノーマル

ロボロフスキーは小さくておじいさん顔のハムスター

スーパーホワイト

全身が白色で、頭や背中に茶色の差し毛がみられます。
ロボロフスキーハムスタースーパーホワイト

ホワイトフェイス

体はノーマルと同じで、顔だけが白色です。そのために、とてもかわいくみえるのが特徴です。
ロボロフスキーハムスターホワイトフェイス  ロボロフスキーハムスターホワイトフェイス

アルビノ

黒色色素を欠くために、全身が白色で、目は赤目です。

パイド

パイドは白色の斑模様が入ったもので、様々な毛色にみられます。なお、パイドは劣性致死遺伝子を持っています。

1-5チャイニーズハムスター

●他のハムスターと比べて細くて長い体と長い尾が特徴で、ネズミのような外貌をしています。
チャイニーズハムスター  チャイニーズハムスター
●性格は人懐っこくて、とても扱いやすい種類です。
●長い尾のためにバランス感覚がよく、高いところにも上れるために、脱走や落下に注意してください。
●成熟したオスの精巣は発達し、陰嚢がとても大きくなりますので、驚かないでください。
チャイニーズハムスターのオスの陰嚢  チャイニーズハムスターのオスの陰嚢

チャイニーズはネズミのようなハムスター

学名:Cricetulus griseus
英名:Chinese rat-like hamster,Striped-back hamster,Grey hamster
別名:モンゴルキヌゲネズミ、モンゴルハムスター
分布:中国北西部、内モンゴル自治区
チャイニーズハムスター分布地図
身体
・頭胴長:オス11.0〜12.0cm、メス9.0〜11.0cm
・尾長:2.8〜3.1cm
・体重:オス35〜40g、メス30〜35g

品種
●チャイニーズハムスターは毛色によって品種が分けられていますが、あまり品種の数は多くはありません。

ノーマル

背中は灰色〜茶色で、1本のストライプがみられます。お側は白色を帯びています。
チャイニーズハムスターノーマル

シルバー

ノーマルよりも体色が薄く、白色を帯びた灰色の毛色です。

ホワイト

全身が白色で、目は黒目です。

パイド

パイドは白色の斑模様が入ったもので、様々な毛色にみられます。

1-6クロハラハムスター

●ハムスターの最大種で、気が強くて人には馴れません。
●昔から実験動物として知られていますが、日本では過去に数年間だけ、ペットとして流通しただけです。
●ハムスターの中では長寿で、3~4年以上生きます。
クロハラハムスター

クロハラは大きくて狂暴なハムスター

学名:Cricetus cricetus
英名:Common hamster,Black-bellied hamster,European hamster
別名:ヨーロッパハムスター
分布:ベルギー、ヨーロッパ中部、ロシアのシベリア地方、カザフ地方北部からエニセイ川流域とアルタイ地方および中国の新疆維吾爾自治区
クロハラハムスター分布地図
身体
・頭胴長:20.0〜34.0cm
・尾長:4.0〜6.0cm
・体重:100〜900g

品種
●クロハラハムスターは毛色によって品種が分けられていますが、あまり品種の数は多くはありません。

ノーマル

背中は茶褐色、お腹は黒色、頬、鼻、 足、脇腹は白色を帯びています。
クロハラハムスター背中  クロハラハムスターお腹

ホワイト

全身が白色で、目は黒目です。

バイド

パイドは白色の斑模様が入ったもので、様々な毛色にみられます。

ハムスターの種類の下敷きのお求めはコチラ!

●長生きを目指すには、ぜひハムドック(健康診断)を受けましょう。

長生きさせるコツはコチラ

動物病院で健康診断と一緒にブラッシングと爪きりをしますよ。ご希望であれば、エキゾチックペットクリニックまで、ご予約をおとりください

\ SNSでシェアしよう! /

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dr. ツルのエキゾチックアニマル情報室 Exotic Animal Information Room by Dr Tsuruの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ハムスターの分かりやすくマニアックな飼育(特別保存版)

  • ハムスターの知らないといけない知識

  • 保護中: 【病気症状】メスのハムスターのお尻から血がでています