1. TOP
  2. うさぎを海外へ連れていく前にすること

うさぎを海外へ連れていく前にすること

うさぎの検疫の手続き

うさぎを日本から外国に連れていく場合は、必ず輸出検疫を受けなければなりません。飛行機や船舶などの輸送方法にかかわらず、輸出検疫の内容は基本的に同じで、日本を出国する条件と相手の国へ入国する2つの条件をクリアーにしなければなりません。

日本からの出国

日本を出発する前に動物検疫所で輸出検査(係留検査)を受けなければなりません。そのためにも動物検疫所へ予め検査の申請書を提出します。係留検査は動物検疫所で行なわれ、何も異常がなければ1日で検査は終わります。しかし、うさぎの搬入日と搬出日は期間内に含まないために、検査を受けるのに2泊3日かかりますので注意してください。検査の結果、異常がなければ輸出検疫証明書が交付され、検疫は終了となります。しかし、相手の国によっては、独自に入国の条件を定めていることがありますので、大使館などに確認するとよいでしょう。

相手の国への入国

国によって入国する条件は異なります。輸出検疫証明書のみで問題ない国が多いですが、他に必要な検査や書類が追加されることもありますので国もあります。大使館など確認がしておいた方がよいでしょう。

輸送方法によって検疫の内容が異なることはありません。

事前届出の必要はありませんが、輸出検疫をスムーズに行うため前もって出発のスケジュールや相手国の条件を確認したいので、早目に動物検疫所にご相談下さい。

係留期間中の検査は無料ですが、係留期間中のうさぎの飼養管理、餌は飼い主の方の負担となります。

移動での注意点

飛行機や船にせよ、大きな音や振動などは、うさぎはストレスです。各航空会社や船舶会社により、うさぎを客室に同伴可能あるいは貨物室での輸送など異なりますので、あらかじめ問いあわせて、対策をねりましょう。うさぎをいれるケージは大きさや素材などの条件がありますので、初めて入って落ち着かないということがないように、移動前から使用して慣れさせるとよいです。ケージの中には移動の時間を考えて、ペレットや牧草、水を入れられるか確認しましょう。食料を持ち込めない場合は、出発前にあげておかなければなりません。特に夏や冬は移動中に温度変化が生じる可能性がありますので、保冷や保温マットの使用が可能かも確認が必要です。

手続きや予約に気を取られがちですが、いよいよという時にうさぎが体調を崩しては移動もできません。安心して出発できるように、万が一の対策も考えておきましょう。

①かかりつけ病院への相談
若くて健康なうさぎはもちろん、高齢や病気持ちのうさぎの負担は非常に心配ですね。渡航に向けて事前に健康診断を受けてうさぎの体調や注意点を把握しておき、渡航について病院へ相談することをおすすめします。また、病気持ちの子の場合には経過報告書をもらっておきましょう。

②到着後のフード・うさぎグッズ
今食べさせているご飯が必ずしも海外で入手可能かはわかりません。お腹が敏感な子や選り好みが激しい子の場合は、渡航先でも手に入るフードを調べ、渡航前から少しずつ慣らしておくと安心です。到着後すぐに手に入らないようなら、数日分日本から一緒に持っていくことも検討しておきましょう。(※入国先によっては牧草やペレットの植物検疫が必要な場合があります)。トイレやご飯皿など、普段から使い慣れているものを持っていけると理想的です。

③現地での病院探し
目的地に到着してホッとしたのも束の間・・・移動や環境変化のストレスでうさぎが調子を崩すこともあるかもしれません。
万が一に備えて、現地でうさぎを診てくれる動物病院を探しておきます。もし渡航先に知り合いがいるようなら事前に聞いておきましょう。ご家族も慣れない土地での新生活は非常に不安だと思われます。余裕のあるうちに調べておくと安心ですね。

うさぎを連れての海外渡航は準備も大変ですし、不安も多いことと思います。
少しでも不安を減らし、安心して新天地での生活を送るために準備や確認は早めに行いましょう。